泰興楼 自由が丘店|こだわりのジャンボ餃子のご紹介

泰興楼 自由が丘店

餃子

  1. ホーム
  2. 餃子

泰興楼の餃子
1949年創業以来
ジャンボ餃子といわれ親しまれてきました

餃子の大きさ

泰興楼一番の人気メニューはなんといっても餃子。
約12cmほどの大きな餃子は、多くの方々に愛され親しまれてきました。

手作りのもっちりしたボリュームの ある皮と、じっくり練りこんだ中身の焼餃子は、 こんがりとした焼加減が食欲をそそり、しつこくないので何個でも食べられる。
その他いろいろな種類の餃子、一品料理、宴会料理、多類ございます。

大きな焼餃子は、愛され続けて半世紀以上。
いまでも人気No.1の、泰興楼の誇り。
パリッと焼けたもちもちの皮の中から、馥郁たる香りとともにたっぷりの肉汁があふれ出ます。

豪快にかぶりつくのがジャンボ餃子の醍醐味。
初代の心意気がずっしり伝わる、看板メニューです。

ジャンボ餃子誕生秘話

ジャンボ餃子誕生秘話

泰興楼のC八醤
シー・パー・ジャン

C八醤

泰興楼の辛いもの好きのスタッフのために、
料理長が賄い用に作った醤(ジャン)。
知る人ぞ知る泰興楼の裏メニュー。
辛いのがお好きなお客様にご提供したところ、非常に喜ばれ、ネット販売を開始いたしました。

  • 餃子のたれに

  • 鍋物のつけだれ・スープに

  • 麺類の辛味に

美味しいお召し上がり方

餃子のたれに、鍋物のつけだれまたはスープに、麻婆豆腐の味調整に、冷や奴に、麺類の辛味に、と食べ方色々。
お客様の工夫次第で料理の味を一層引き立てます。

名前の由来

生みの親である料理長のニックネーム「しばさん」に掛け、
香辛料(ChiliのC)が八種ブレンドされていることから「シーパー」と名付けられました。

PAGE TOP